Home > スポンサー広告 > MW

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Home > スポンサー広告 > MW

Home > book > MW

MW

 

沖縄近くの小さな島で、ある日とある国の毒ガスが漏れ
島民は全滅してしまうが
島民の遺体はおろか事件は無かったことになっていた。
しかし二人だけ生き残った人物がいた。
島外からそれぞれ訪れていた結城と加来
偶然助かった二人が目にしたものは、とても酷い光景だった・・・
その16年後結城の表の顔は、エリート銀行員だが
16年前の毒ガスの影響で、悪魔のような心を持ち
誘拐や殺人に手を染め残酷の限りを尽くし続けている。

加来は神父となったものの、16年前のトラウマや
結城との関係・結城の犯し続ける罪に悩み続けて・・・

映画を見に行ったときの予告で気になって・・・・とりあえず原作購入して読む。
えぇ・・・・手塚治虫って鉄腕アトムのイメージ強かったもんで
人間のどろどろした業を描いてるのに、正直引きつつも一気読みしてしまった。

結城なんてさ、もうやりたい放題で恐ろしいんだけど
どこかしら中性的で、男も女も魅入ってしまう・・・不思議な男。
加来はごつくて男性的というか・・・見た目は結城と対照的だよね。
読み終わって、後味悪いったらない作品だ
ラストの表情・・・・怖すぎでしたよ^^;

ちなみに・・・映画はどうしようか悩んでる
レビュー見かけたら、主役二人の関係が省かれたりしてるらしいですね。
あの二人の関係はああだから、あの物語成り立ってる気がするし・・・

でも、玉木宏の結城役は・・・似てるっていうかあってるんだよなぁ・・・悩ましい。


Comments:0

Comment Form

Home > book > MW

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。