Home > スポンサー広告 > ドリームガールズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > ドリームガールズ

Home > movie > ドリームガールズ

ドリームガールズ

ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション
ジェイミー・フォックス (2007/06/22)
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
この商品の詳細を見る

夢は永遠に生き続ける
1960年代のアメリカ・デトロイト
とあるライブハウスへの出演を賭けたオーディション会場で、中古車販売を営むプロモーターカーティスは
プロデュースしていたアーリーの手癖の悪さから、バックコーラスが辞めてしまい困っていた
そこで出会ったのが、ディーナ・エフィ・ローレルのグループ「ドリーメッツ」
彼女達に目をつけたカーティスは、わざと買収によりドリーメッツをオーディションで落とすように仕向け
アーリーのバックコーラスとして、彼女たちをスカウトする。
そんな中エフィの兄CCの作曲した曲をレコーディング、黒人ラジオ局のみで流されていた曲にもかかわらず
チャートに入る勢いのヒットとなるも、結局は白人に曲を・・・
その苦い思いからカーティスは、全てを売り払いその金を元手に
白人たちのラジオ局へ売り込みにかかる。
レコードレーベルを立ち上げ、会社を設立し夢が叶ってゆくたびに
カーティスとシンガー達の間には何かしら隙間が・・・・
そしてドリーメッツがメジャーデビューの際、ドリームスとして名を変え
リードヴォーカルに、客受けを狙いエフィからディーナへ交代となったことにより
グループは売れて行くも、エフィの中での不満がマックスになった時
エフィのエキセントリックな性格もあいまって、半ばはじかれる形で脱退してしまう。
そして数年後・・・・


友情・愛・金・成功・裏切り・・・と
これぞアメリカ!ちっくな作品、そして
これはやっぱりスクリーンで観ておくんだったなぁぁ。゚(゚´Д`゚)゚。

この作品はミュージカルの映画化なのですが
モチーフになったのは、60年代R&Bレーベルのモータウンとダイアナロスとスプリームスなんですって
ダイアナ・ロスはディーア、そして歌唱力がありながら容姿と性格から追い出されてしまうエフィはフローレンス・バラード
フローレンス・バラードは実際に、スプリームスを脱退後
ソロデビューするも恵まれず、30台の若さで亡くなっているんですよね・・・
フィクションとは言え”のし上がるか落ちるか”の世界をちょっと垣間見たような気がした雨の日の午後・・・

Home > movie > ドリームガールズ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。