Home > スポンサー広告 > いのち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > いのち

Home > talk to oneself > いのち

いのち

直木賞作家エッセーで子猫殺しを告白
ちなみに飼ってらっしゃる犬の子もらしいですね。

なんだかなー


避妊手術を行う権利などない
生まれた子を殺す権利もない


そう主張するなら無責任に動物飼わなきゃいいのに
避妊手術に関しては、飼い主さんが非常に悩むと聞きますが
だからと言って、育てられないから捨てるだの殺すだの どっちも無責任だよな・・・・


”飼うなら最後まで”


それが出来なければ飼わない。いや飼っちゃいけないって我が子には言い続けてる。
ウチは1度飼い始めたら絶対死ぬまでお世話
現在オオクワがいるんだが・・・・たとえ雌だけ7匹でも(ちょっとゴキチックでコワイのだがw)
天寿を全うするまでね。







で、余談ですが友達にトリマーがいるんだが
ブリーダーしてるお客さんの中には
金かけて手塩にかけて産ませた子犬が、規格外だった日には
ある日突然子犬がいなくなるんだそうな((;゚Д゚)ガクガクブルブル
ま、○○犬ブームの後には
山にごっそり血統書ついてそうなワンが群れてる事が・・・なんてよく聞く話だし。


人間って本当にエゴのカタマリ過ぎて悲しい。

Home > talk to oneself > いのち

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。