Home > スポンサー広告 > ワンコ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > ワンコ

Home > talk to oneself > ワンコ

ワンコ

若い頃ワンコにひとめぼれして、飼い始めた
名前はF1レーサにあやかってセナ(仮)オスのヨーキー
飼い始めて一週間目、突如体調崩して生きるか死ぬかを経験したが
その後食い意地だけは、その小さな体に似合ない勢いのワンコだった。
その数年後、今のオットと付き合い始め引越しも重なり・・・

セナを手元に置く事が難しくなり、身勝手だが彼を弟に託した
そして十数年後の今年のはじめ、父の法事に帰省した時彼に再会した
・・・・すでに17歳を超えたおじいちゃんである。

セナは昔の勢いは衰え、目も白内障が進みほぼ見えていない
体毛も黒い被毛はかなり白くなり、歩く事もままならず
庭の日向でのんびりと昼寝をしていた。
それでも、耳は聞こえているようで呼びかけたら
ねぇやんにもチビ子にも反応しなかったセナは
ふっと顔をあげ、すり寄ってきて手を舐めてまた眠ってしまった。
それから1年近く経ち・・・
先日弟から野暮用で電話があり、ふとセナの事を切り出したら・・・・


彼は数日前、忽然と姿を消してしまったらしい
目も見えず、歩くのもヨボヨボ・・・遠くに言っているハズが無いと思い
周りの人達で随分探したらしいが、結局数日経ってもセナは見つからなかった
弟の家に行ってから、ほとんど病気をする事も無く過ごしてきたセナ
大事にされてきたからこそ、17年もの長い間生きてきたんだよね
多分セナは・・・飼い主である弟に迷惑をかけぬようそっと逝ったのかもしれない
電話で話しを聞きながらふと思った・・・・

無責任だし、ワタシに悲しむ権利は無いのかもしれない
でも・・・そんな形でいなくなっちゃったなんて、やはり寂しい
来年の法事の時も逢えると思っていたのに
セナ幸せだったのかな・・・・?



Home > talk to oneself > ワンコ

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。