Home > スポンサー広告 > 出口のない海

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Home > スポンサー広告 > 出口のない海

Home > movie > 出口のない海

出口のない海

出口のない海

公式サイト
半落ち・チルソクの夏の佐々部清監督の作品。

回天

↑大和ミュージアムに展示されている回天です
物語は海の特攻隊「回天」へ志願した若者たちの
突撃にかける思いと、何故志願したのかを
突撃準備に差し掛かっている潜水艦の中で
思いを巡させてゆくように進んでゆきます・・・

元甲子園の優勝投手で大学でも野球を続けている並木
マラソンの才能に恵まれたが、戦争により「走る道」を立たれた北
いつも自分の顔を鏡で眺め、その奥に母親への思いを密かに巡らせている佐久間
皆の弟分の沖田
そして訓練時からずっと並木を慕い、見守り続けている整備員の伊藤。
それぞれが潜水艦の中で、”その時”を待ち続ける空気の重さや
並木の回想という形で登場する、並木の両親や妹、そして恋人の思い
決して大和のときのように、派手ではないが上手く表現されていました。

何故彼らは死に急がなければいけなかったのか?
故障という形で残ったものは、何故罪悪感を感じなければいけなかったのか?
そして生き残ったはずの並木の最後は・・・・

最後に並木の遺書になった手帳に書かれた言葉が流れてゆきますが
伊藤へ両親へ妹へ・・・段々涙が止まらなくなり
最後に恋人美奈子への言葉がとても印象的でした。
「嫌というほど生きてください」
そしてエンドロールに流れる竹内まりやの歌
返信/シンクロニシティ(素敵な偶然)
竹内まりや 山下達郎 センチメンタル・シティ・ロマンス
B000GW88CY

エンドロールは涙を乾かす時間といいますが、号泣でした。


ただ少し残念だったのが、前後を詳しく描いて欲しかったなーな場面が
ちらほら・・・
原作を読み直しつつ、噛み締めたいと思います。
出口のない海
横山 秀夫
4062754622


ちなみに佐々部監督の次作「夕凪の街 桜の国」が
今朝完成記者会見されている映像をテレビで拝見しました。
つぎも原爆の後遺症という重いテーマの作品ですが
原作を読んで感動した1人として、期待しております。
夕凪の街桜の国
こうの 史代
4575297445





Home > movie > 出口のない海

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。