Home > talk to oneself > 情報社会といいつつも

情報社会といいつつも

某所帝切コミュにて・・・・胸が痛かった。
自身上の子の時に逆子が直らず、帝王切開を選んだ
第一子だし、よりによって産道付近に足がある始末でしたしねぇ。
主治医からはアッサリと言われていたが
決めるのは私自身、それは泣いて悩んで出した結論だった
そして産まれて来たのが今の長女
彼女が無事でわがまま元気に育っているので
今はそれだけで十分だと本当に思える。

そしてもうひとつ、ワタシはVBAC経験者だ
しかし今思えばただ自分の無知と、運の良さだけだったんだと本当に思い知らされる。
確かにお産は軽かったので、いまこうやって無事に母子共に生きてる訳ですが
決して他人には勧めたりしないし、どっちで出産したほうが・・・なんて軽々しい事は言えないもん。

そして私の場合、「一昔前」と言われるぐらい前のことなんだが
今なお頑張って悩んで、こどもさんの安全を考え帝切に踏み切ったママたちを傷つけているものは何?
どの方の悩みもわが事のように分かる・・・酷い時には
その道のプロに「すぐに切るなんて!」って言う団体もいらっしゃる事に愕然
あ、だから宗教ちっくって言われてるからかしら?

そういえば、上の子が幼稚園時代に秋の保護者総会の講演で
えらーい育児支援の先生とやらを園が呼んだ事があるんだが
そのえらーーーーい先生、何をどう思ったのか
産道を通らない子はダメ云々・・・とこれ見よがしに、語り始め
ワタクシ余りのハラタチ加減に、途中退場したキオクがございます。
ちなみに、相当クレームがあったのかそれ以降秋の保護者総会での講演はありませんでした(苦笑)

ま、暴言はほどほどにて・・・
訳あって帝切になったママたち、皆それぞれにママ自身のリスクを乗り越えて今があるんだから、胸張って行こう!と弱小ブログから叫んでみる(笑)

Home > talk to oneself > 情報社会といいつつも

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top